HOME > 年金相談Q&A > A.

年金相談Q&A

山陽新聞に連載中の年金講座を掲載しています。

Q.厚生年金加入パートでも?(2007/11/05)高校を卒業したばかりの18歳です。4月からパートで働き、国民健康保険に加入しています。パート労働者が厚生年金に加入できることもあると聞きましたが、どういうことですか。
A.勤務日数と時間に基準  一般社員の4分の3目安株式会社や有限会社で働き、勤務時間および勤務日数の両方が次の基準を満たしていれば、被保険者として社会保険(健康保険・厚生年金保険)に加入できます。パート労働者の社会保険加入の適用基準として、「1日または1週間の所定労働時間」と「1カ月の勤務日数」が、その事業所で同種の業務を行う一般社員のおおむね4分の3以上ということが挙げられます。
 この4分の3以上という基準は1つの目安で、最終的には社会保険事務所などが判断することになっています。例えば、あなたが加入し、毎月の給料(標準報酬月額)が9万8千円とすると、社会保険料は会社とあなたがその額を半分ずつ負担します。あなたの負担額は健康保険料が4,018円、厚生年金保険料が7,348円で、計11,366円となります。
 健康保険からは、病院などで受診したときのほか、傷病で仕事を休んだとき、出産をしたときなどに給付がうけられます。また、厚生年金保険は将来の老齢年金給付につながっていきます。さらに、障害や死亡などにも、一定の基準に該当すれば、障害給付や遺族給付が受けられます。
 国民健康保険や国民年金と比較すると、あなたの保障はかなり手厚くなります。これからはパート労働法にも改正の動きがあるようです。どのような内容か、自分自身のために、今後の情報に注意してください。

社会保険労務士・山田加寿子

一覧を見る
  • 無料相談
  • 法改正情報
  • 会員紹介
  • 事業報告及び事業計画
  • 入会について

倫理綱領

PAGE TOP

岡山県社会保険労務士会 〒700-0815 岡山市北区野田屋町2-11-13 旧岡山あおば生命ビル7階 TEL (086)226-0164  FAX (086)226-0180
mail: okasharo@okayama-sr.jp

Copyright (C) Okayama Certified Social Insurance Labor Consultants Association. All Rights Reserved.