HOME > 年金相談Q&A > A.

年金相談Q&A

山陽新聞に連載中の年金講座を掲載しています。

Q.裁定請求書来ないが受給できる?(2009/02/24)私は現在63歳(昭和20年8月1日生まれ)ですが、まだ年金をもらっていません。最近友人(59歳)に「裁定請求書」が届いたそうです。私が60歳になるときには届かなかったのですが、なぜですか。
A.2005年10月から通知開始以前に60歳に 社保事務所へ相談を現在、60歳で特別支給の老齢厚生年金の受給権が発生する方や、65歳に老齢基礎年金、老齢厚生年金の受給権が発生する方に対して、その年齢に到達する3か月前に、基礎年金番号や氏名等をあらかじめ印字した「裁定請求書」が社会保険業務センターから送付されています。
  この事前送付は、年金請求者の利便性と裁定漏れを防ぐために、平成17年10月から行われています。あなたが60歳になられたのはそれより前でしたので、この事前送付の対象にならなかったものと思われます。
  受給資格期間が25年以上あり、1年以上厚生年金保険に加入していたことがある方であれば、特別支給の老齢厚生年金が受給できる可能性があります。
 また、なかには「裁定請求書」ではなく「年金に関するお知らせ」(ハガキ)が届く方がおられます。これは受給資格が確認できない場合に送られています。
 また、何も届かない場合は、社会保険業務センターに登録されている住所が現住所と異なる等の理由で送達不能になっている可能性があります。
  いずれの場合も、最寄りの年金センターもしくは社会保険事務所でご相談下さい。

(社会保険労務士 中西由美香)

一覧を見る
  • 無料相談
  • 法改正情報
  • 会員紹介
  • 事業報告及び事業計画
  • 入会について

倫理綱領

PAGE TOP

岡山県社会保険労務士会 〒700-0815 岡山市北区野田屋町2-11-13 旧岡山あおば生命ビル7階 TEL (086)226-0164  FAX (086)226-0180
mail: okasharo@okayama-sr.jp

Copyright (C) Okayama Certified Social Insurance Labor Consultants Association. All Rights Reserved.