HOME > 年金相談Q&A > A.

年金相談Q&A

山陽新聞に連載中の年金講座を掲載しています。

Q.「遺族厚生」支給有期に?(2009/04/20)遺族厚生年金の支給期間が有期になると聞いたのですが、どのようなことでしょうか。
A.子どもいない妻 30歳未満は5年これまでは、妻に支給される遺族厚生年金は、妻の年齢に関係なく、再婚等をしない限り終身受給できました。しかし、平成19年4月からは、夫の死亡当時、30歳未満の子のない妻の遺族厚生年金は、受給権発生から5年間限りの支給となりました。また、夫の死亡当時、30歳未満の子のある妻であっても、子の死亡等により30歳未満の間に遺族基礎年金を受けられなくなった場合には、遺族基礎年金を受けられなくなった日から5年間の有期年金となります。
また夫の死亡当時(遺族基礎年金の対象となる子を有する妻については、対象となる子がいなくなった時)、30歳以上40歳未満の妻は、遺族厚生年金は終身受給できますが、中高齢寡婦加算は支給されません。
夫の死亡当時(遺族基礎年金の対象となる子を有する妻については、対象となる子がいなくなった時)、40歳以上の妻は、遺族厚生年金を終身受給できるとともに、中高齢寡婦加算も65歳まで支給されます。
以上のことは、平成19年4月1日以後に支給事由の生じた遺族厚生年金について適用されます。

(社会保険労務士 藤原敬人)

一覧を見る
  • 無料相談
  • 法改正情報
  • 会員紹介
  • 事業報告及び事業計画
  • 入会について

倫理綱領

PAGE TOP

岡山県社会保険労務士会 〒700-0815 岡山市北区野田屋町2-11-13 旧岡山あおば生命ビル7階 TEL (086)226-0164  FAX (086)226-0180
mail: okasharo@okayama-sr.jp

Copyright (C) Okayama Certified Social Insurance Labor Consultants Association. All Rights Reserved.