HOME > 年金相談Q&A > A.

年金相談Q&A

山陽新聞に連載中の年金講座を掲載しています。

Q.繰上げ支給どうなる(2008/10/06)昭和24年10月2日生まれの男性です。来年60歳の誕生日に37年間勤務した会社を定年となり退職の予定です。年金を繰上げ支給できると聞いていますが、私の場合はどうなるのでしょうか。
A.60歳代前半は定額部分減額以前は老齢厚生年金は60歳からの支給でしたが、昭和61年4月の法改正で65歳からの支給となりました。しかし、従来は60歳から支給されていた経緯もあり、経過措置として、要件を満たせば60歳から支給できることになっています。この60歳代前半の老齢厚生年金は、65歳から支給される老齢厚生年金に相当する額(報酬比例部分)と、老齢基礎年金に相当する額(定額部分)とを合算した額とほぼ同一額の「特別支給の老齢厚生年金」でしたが、生年月日により段階的に「定額部分」の支給開始年齢が引き上げられ、昭和24年4月2日〜昭和28年4月1日生まれの男子からは、報酬比例部分だけとなりました。
 繰上げ支給制度とは65歳から支給される老齢基礎年金を65歳より前に繰上げて受給することで、“一部繰上げ”と“全部繰上げ”というものがありますが、あなたの場合は、制度上“全部繰上げ”の利用になります。
65歳になる前に“全部繰上げ”の請求をすると早く受給するかわりに繰り上げた月数に1ヶ月につき0.5%の率をかけ減額された老齢基礎年金と全額の「報酬比例部分」の両方を受給することになります。たとえば60歳で受給する場合の老齢基礎年金の支給率は65歳で 受給する額を100%とすると70%に、61歳6ヵ月で受給する場合の支給率は79%にな ります。

(社会保険労務士 冨重武彦)

一覧を見る
  • 無料相談
  • 法改正情報
  • 会員紹介
  • 事業報告及び事業計画
  • 入会について

倫理綱領

PAGE TOP

岡山県社会保険労務士会 〒700-0815 岡山市北区野田屋町2-11-13 旧岡山あおば生命ビル7階 TEL (086)226-0164  FAX (086)226-0180
mail: okasharo@okayama-sr.jp

Copyright (C) Okayama Certified Social Insurance Labor Consultants Association. All Rights Reserved.